練習用水着ばかり使っているとレースで感覚が違う

練習用水着ばかり使っているとレースで感覚が違う

レース直前ならともかく、普段の練習でレース用の水着を着ることなんて無いですよね。
いや、マスターズ始めたてのおじさんとかは平気でレース用の高いのを着て泳いでたりするんですけど・・・。

 

普段から負荷の高い(レース用と比較して)練習水着で泳いでいると、いざ大会の時に感覚が違ったりします。特に最近は浮く感覚ですね。

 

ブレストなんかだと特にボディーポジションが普段より高くて逆にストロークを崩すことも。もちろん浮いているなら抵抗は少ないのですが、なんかこう・・・感覚が違って進まなくなったりするわけです。

 

 

やはり、レース前にはレース用水着で一度泳いでおく必要はあると言えます。

 

ただ、耐久性の問題もあると思いますので、練習全部ではなくダッシュ練習の時だけ着替えて飛び込みからちゃんとスタートする、って感じですね。

 

そこそこのスピードの練習でレース用を着ていてもそんなに感覚の違いがあるわけではなく、やはりレーススピードでの感覚を覚えておかないと、本番で役に立ちません。

 

(泳ぎを作っていく、という意味なら練習時に着てもいいと思いますよ)

競泳用トレーニングプログラム人気ランキング



森隆弘による競泳スピードアッププログラム
主にマスターズスイマーを対象としたトレーニングDVDです。

・次の大会で即ベストが出るようになります
・専門外の種目でも自信を持ってエントリーできます
・レース前に招集所で緊張することがなくなります
・今日はどんな練習をしようかと悩むことがなくなります
・故障の回復をしながら速くなるためのトレーニングができます
・キックやプルなど苦手だった練習が平気になります
・コーチに聞けなかった疑問が解消されます
・映像を見ながら学べるのでテクニックを自分の泳ぎに取り入れやすくなります
本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル〜筋トレの本質が分かる〜
・筋力アップによって泳速度を向上させたい方に。
・ガリガリの状態から筋トレしてもなかなか増量できない方に。
・筋トレを基礎から学び直したい方に。

筋トレ初心者から中級者くらいを対象とした筋力トレーニングプログラムです。
本物のスロートレーニング
筋トレを1週間に1回だけで済ませ、かつ筋肉をしっかりつける方法。

・スイムトレーニングがメインで筋トレの時間が取れない方に。
・筋トレすると次の日眠くなって仕事に支障が出る方に。
・とにかくパワーアップしてタイムを縮めたい方に。