水泳をするための体重管理

水泳をするための体重管理

マスターズスイマーにとっては、体重の管理はレースでのタイムに直結してきます。若い選手であれば相当な練習量をこなしているはずですので太るということはほとんどないはずですが、大人になると仕事や家庭の事情で練習回数は激減しますし、選手のような練習をプールに行っても実施できるわけではありませんよね。

 

そこで、普段の生活改善をしてみたり、泳ぐ以外でのトレーニング・体重調整をすることになるわけなのですが、今回はそんな体重管理に役立ちそうなサイトを紹介していくことにします。

 

 

水泳シミュレーター

 

泳いだ種目・距離・ペースから消費カロリー・METS・燃焼脂肪量を自動的に計算してくれるサイト。どちらかというとマスターズスイマーよりもマラソンランナー向けのサイトなんですけど、減量に役立てるという意味では同じでしょう。

 

METSと燃焼脂肪量を計算してくれるというのは珍しいですね。ちなみにMETSというのは簡単にいえば運動強度を表す数値で、大きくなればなるほどきつい運動になります。これは非常に様々な運動に対して設定されていて、調べてみると「アイロンがけ」=2.3METS、「学校の授業」=1.8METS、「幼児を抱きかかえての移動」=3.0METS、などと色々なものがあるんです。

 

3METSの運動を体重70キロの人が1時間行った場合には、

 

3×70×1×1.05=220.5(kcal)の消費量になります。

 

 

食品の摂取カロリー計算

 

消費カロリーの次はやっぱり摂取カロリー。自分が一日に何キロカロリーの食事をしているのか把握していないという人も多いんじゃないでしょうか?食べ過ぎて脂肪をつけまくって水泳の大会に臨んでも、大した結果は出ませんよ!

 

このサイトでは摂取カロリーの計算以外にもBMIの計算、基礎代謝量の算出、運動消費量の算出をすることが可能です。自分が一日に何キロカロリー消費しているのかを算出した上で、朝・昼・晩にどのくらいの量を食べたら良いのかを考えていくことが減量には非常に重要です。

競泳用トレーニングプログラム人気ランキング



森隆弘による競泳スピードアッププログラム
主にマスターズスイマーを対象としたトレーニングDVDです。

・次の大会で即ベストが出るようになります
・専門外の種目でも自信を持ってエントリーできます
・レース前に招集所で緊張することがなくなります
・今日はどんな練習をしようかと悩むことがなくなります
・故障の回復をしながら速くなるためのトレーニングができます
・キックやプルなど苦手だった練習が平気になります
・コーチに聞けなかった疑問が解消されます
・映像を見ながら学べるのでテクニックを自分の泳ぎに取り入れやすくなります
本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル〜筋トレの本質が分かる〜
・筋力アップによって泳速度を向上させたい方に。
・ガリガリの状態から筋トレしてもなかなか増量できない方に。
・筋トレを基礎から学び直したい方に。

筋トレ初心者から中級者くらいを対象とした筋力トレーニングプログラムです。
本物のスロートレーニング
筋トレを1週間に1回だけで済ませ、かつ筋肉をしっかりつける方法。

・スイムトレーニングがメインで筋トレの時間が取れない方に。
・筋トレすると次の日眠くなって仕事に支障が出る方に。
・とにかくパワーアップしてタイムを縮めたい方に。