平泳ぎの泳ぎ方のコツ 息継ぎ

平泳ぎの泳ぎ方のコツ。息継ぎのタイミングについて

 

マスターズスイマーは息継ぎのタイミングが早すぎる

 

マスターズスイマーの平泳ぎでよくありがちな間違いとして、『息継ぎのタイミングが早すぎる』ということがあります。

 

しかも、息継ぎの開始タイミングが早すぎるにも関わらず入水するタイミングは普通だったりするので、プルが終わるまでの間はずっと顔が水面上に出てしまっているんですね。

 

 

昔ながらの平泳ぎをずっと信じている人にとっては長時間顔が出ているというのが普通でしょうし呼吸ができるという安心感もあるのかもしれませんが、それで早く泳げるかと言ったら答えはNOでしょう。

 

体が上がっている時間がながければその分沈みやすい

 

早すぎる息継ぎの最も大きな問題としては、水中での抵抗が非常に大きくなるということが挙げられます。

 

「ん?上半身を水上に出しているんだからその分身体が受ける抵抗は小さくなるのでは?」

 

と思う人もいるかもしれませんけど、それは全然違います。

 

 

確かにトップ選手であれば身体を水面上に出すことで抵抗が少なくなっているかもしれませんが、あまり平泳ぎの得意ではないマスターズスイマーであれば確実に抵抗が増えているんですね。

 

まずは、上半身を水面上に出すことで下半身が下がっている。

 

正直、社会人になったらストレッチもしなくなりますし身体はどんどん硬くなっていくので顔や上半身を上げたら下半身が下がってしまいます。

 

 

そして、水面上に顔を出している時間が長いことで体全体が水没します。

 

どういうことかというと、水中に身体がある時にはある程度浮力があるので良いのですが、水面上に上半身を出してしまえば普通に重力の影響を受けるということです。

 

身体を浮かせておく技術が不十分であるにも関わらず上半身を水面に出し続けていれば、当然の如く体全体は沈み抵抗になってしまいますよね。

 

キャッチが終わるまでは息継ぎしない

 

この問題の対策としては、「身体を浮かせる技術を身につける」ということではなく(いや、身につけられるなら身につけていいんですが)、「キャッチが終わるまでは息継ぎしない」ということがあります。

 

大抵の人は、プルのリカバリーが終わって、その次のストロークで手を横に開くのと同時に顔を上げてしまいます。これだとプル全部が終わるまでずっと顔を上に上げている状態なんですね。

 

 

そうではなくて、キャッチを終えてプルの推進力が出始めるのと同時に顔を上げたほうが明らかに抵抗が少なくなります。ずっと顔を上げていても短時間だけ顔を上げていても、呼吸は1回しかしないわけですから抵抗が少なくなる方がいいですよね。

 

アウトスイープ時にスカーリングするとタイミングが早くなる

 

ちょっと難しい話になってしまうんですけど、プルで手を開くアウトスイープの時に何とかして推進力を得ようとしてスカーリングしてしまうと顔を上げるタイミングが早くなってしまうように感じています。

 

なるべくプルで進みたいのでどうにか進むように手を動かしておきたいところなんですけど、それが逆に抵抗を生む動作になってしまっているんですよね。

 

アウトスイープ時にはスカーリングするのではなく、ただ手を移動させるだけにする(推進力を生むのはキャッチの後)と割り切って泳いだほうがトータルでのスピードが上がってくるでしょう。

 

 

そもそも、プルのアウトスイープ時というのは直前のキックの勢いがまだ残っているタイミングです。

 

そのキックの推進力よりもスカーリングで大きな推進力を作り出せるマスターズスイマー(しかも平泳ぎが苦手な)がどれだけいるか?と考えると、やはりこの局面ではキャッチをちゃんとやることだけを考えて手を開いたほうが良さそうですね。

競泳用トレーニングプログラム人気ランキング



森隆弘による競泳スピードアッププログラム
主にマスターズスイマーを対象としたトレーニングDVDです。

・次の大会で即ベストが出るようになります
・専門外の種目でも自信を持ってエントリーできます
・レース前に招集所で緊張することがなくなります
・今日はどんな練習をしようかと悩むことがなくなります
・故障の回復をしながら速くなるためのトレーニングができます
・キックやプルなど苦手だった練習が平気になります
・コーチに聞けなかった疑問が解消されます
・映像を見ながら学べるのでテクニックを自分の泳ぎに取り入れやすくなります
本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル〜筋トレの本質が分かる〜
・筋力アップによって泳速度を向上させたい方に。
・ガリガリの状態から筋トレしてもなかなか増量できない方に。
・筋トレを基礎から学び直したい方に。

筋トレ初心者から中級者くらいを対象とした筋力トレーニングプログラムです。
本物のスロートレーニング
筋トレを1週間に1回だけで済ませ、かつ筋肉をしっかりつける方法。

・スイムトレーニングがメインで筋トレの時間が取れない方に。
・筋トレすると次の日眠くなって仕事に支障が出る方に。
・とにかくパワーアップしてタイムを縮めたい方に。