平泳ぎの泳ぎ方のコツ 初心者

初心者向け・平泳ぎの泳ぎ方のコツを4つ紹介

マスターズの平泳ぎ初心者にありがちなこととしては、次のような項目が挙げられるでしょう。1つでも直すことができれば「平泳ぎで全然進まない!」という人でもそれなりに進むようになるはずです。

 

個人的には、4番目の項目について真っ先に修正してほしいですね。

 

 

手と足が一緒に動く

 

初心者でよくありがちな動作というのは、平泳ぎの時に手と足が一緒に動いてしまうというものですね。

 

どういう事かというと、

 

プル開始とキックのリカバリー開始が同じタイミング
プル終了とキック終了が同じタイミング

 

という動作タイミングを取ってしまってはいけないということです。

 

これだと、プルの推進力をキックのリカバリーによる抵抗が殺し、キックの推進力をプルのリカバリーによる抵抗が殺すことになります。

 

速い人のストロークを見てもらうとわかりますが、こういったタイミングで泳いでいる人は絶対にいません。

 

 

細かいことを言うとキリがないので簡略化すると、プルのリカバリーとキックのリカバリーのタイミングを重ねるように。今まではプルとキックが同時でしたが、キックのタイミングを半分遅らせるようなイメージで泳いでみてください。

 

足が超沈んでいる

 

どんな種目でも共通して考えなければならないことなのですが、水の抵抗を避けるというのは平泳ぎにおいては非常に優先して考えなければならない部分です。

 

ある意味では、どのくらいの推進力を出せるかということよりもどのくらい抵抗を減らせるかということにスピードが左右されてしまいます。

 

 

で、平泳ぎの苦手な初心者はどこで一番抵抗を受けているかというと、「足が超沈んでいる」という点が問題になっているんですね。

 

ストローク中も足が沈んでいることがほとんどですし、ストリームライン姿勢を取って伸びている時にも当然沈んでいます。

 

体の作りなどからこの傾向は男性であるほど強く、さらに痩せ型の人ほど沈みやすくなっているようです。

 

そもそも足首が伸びている

 

キックについてはこちらのページで解説もしていますが、基本的には水を後ろに蹴って(押して)進むものなので、すねとか太ももで挟んで進むなんていうことは忘れたほうが良いでしょう。

 

で、間違ったイメージでキックをしてしまっている人に多いのが、足首を伸ばした状態で水を切るように蹴ってしまっているということですね。

 

ってか泳法違反ですね。まぁ、プールで泳いでいる人の全てが大会に出ているわけじゃないので別にいいんですけど、これだと結局進みません。

 

 

蹴る時にはちゃんと足首を曲げて蹴らないと、足の裏で水を掴むことができません。

 

もちろん足首を曲げるだけではなくて他にも技術は必要なのですが、体が固くて足首が曲げられない、という人はストレッチをちゃんとやりましょう。うんこ座りができない人は平泳ぎには向いていないので。

 

キックを外に蹴っている。隣のコースの人を蹴るな

 

上で書いた「足首が伸びている」という状態の人は、同時にこの迷惑行為をプールで行っています。

 

また、足首をちゃんと曲げて蹴っている人であっても挟み込み型のキックを行っている場合には同じです。

 

 

隣の人を蹴らないでください。

 

隣の人を蹴らないでください。

 

蹴られた人は痛いです。当たりどころによっては悶絶します。

 

さらに、この蹴り方では全く進みません。選手同士ではこんなキックをする人はいないので事故は起こりませんが、市民プールでよく起こるトラブルの1つがこの「平泳ぎで蹴られた」というものですね。

 

 

キックの向きは、斜め後ろではなくて真っ直ぐ後ろのイメージで。

 

それでようやく斜め後ろに蹴れるくらいの感じになるでしょう(つまり、斜め後ろに蹴ろうとすると横に向かって蹴ることになります)。

競泳用トレーニングプログラム人気ランキング



森隆弘による競泳スピードアッププログラム
主にマスターズスイマーを対象としたトレーニングDVDです。

・次の大会で即ベストが出るようになります
・専門外の種目でも自信を持ってエントリーできます
・レース前に招集所で緊張することがなくなります
・今日はどんな練習をしようかと悩むことがなくなります
・故障の回復をしながら速くなるためのトレーニングができます
・キックやプルなど苦手だった練習が平気になります
・コーチに聞けなかった疑問が解消されます
・映像を見ながら学べるのでテクニックを自分の泳ぎに取り入れやすくなります
本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル〜筋トレの本質が分かる〜
・筋力アップによって泳速度を向上させたい方に。
・ガリガリの状態から筋トレしてもなかなか増量できない方に。
・筋トレを基礎から学び直したい方に。

筋トレ初心者から中級者くらいを対象とした筋力トレーニングプログラムです。
本物のスロートレーニング
筋トレを1週間に1回だけで済ませ、かつ筋肉をしっかりつける方法。

・スイムトレーニングがメインで筋トレの時間が取れない方に。
・筋トレすると次の日眠くなって仕事に支障が出る方に。
・とにかくパワーアップしてタイムを縮めたい方に。