平泳ぎ コツ

平泳ぎのコツは?マスターズスイマーがキックで進まない理由

 

平泳ぎだけできない、というマスターズスイマーは多い

 

フリー・バック・バッタは普通に泳げるんだけれどもブレストだけ全然できない、なんていうマスターズスイマーは非常に多いです。

 

昔は選手コースでも平泳ぎがダメで個人メドレーでは使い物にならないっていう選手はたくさんいたんですけど、最近はそういった選手は少なくなってきています。

 

しかし、マスターズだと相変わらず平泳ぎができない・・・と悩んでいる人がたくさんいるんですよね。大抵の場合にはスイミングスクールで個人レッスンを受けたりしていても全然速くなりません・・・。

 

コツというかポイントはキック

 

平泳ぎが速くなるコツというか、ポイントはやはりキックなんですよね。トップレベルで競うのであれば当然プルも強くないといけないわけですが、「平泳ぎができなくて・・・」と悩んでいる人の場合にはまずキックで進む距離を伸ばさなければいけません。

 

足首が上手く曲げられなくて泳法違反になってしまっている場合には問題外なのですが、とりあえず形として失格しないような平泳ぎのキックができているというのであれば改善の余地はあります。

 

足をガバガバ開いていませんか?

 

多くのマスターズスイマーを見ていると、とにかく平泳ぎのキックができないという人は足をガバガバ開いてキックしています。

 

若い頃の平泳ぎの常識が『開いて、閉じる』だった世代ですから、現代のキックを教わっていなければこのようなウエッジキックになってしまうのは仕方のないことなのですが。

 

 

まず基本的なことから考えてみてほしいのですが、平泳ぎのキックで足を閉じて水を強く挟んでも進むことはできません。

 

両手で水を挟んでも推進力にはなりませんよね?それと同じで両足で水を挟んでも推進力にはなりません。

 

 

「でも一応進むじゃん!」と思うかもしれませんが、それは足を曲げ伸ばししている過程で水が後ろに押されているので体が前に進んでいるだけです。

 

マスターズコースでウィップキックについて指導してくれるコーチがどれだけいるかはわかりませんが、ちゃんと教えてくれる人がいれば習ってみた方が良いでしょうね。

 

詳しいコーチがいないのであれば、とりあえず膝の幅を狭くすることを意識してみてください。選手でも結構幅広になっている人はいるんですけど、平泳ぎのキックで進まないという人はあんなものではなくもっともっとガバガバに開いてしまっています。

 

 

それに、膝をガバガバ開いてキックしていると隣を泳いでいる人を蹴ってしまいます。隣の人を蹴ってしまうようであれば、下手くそですし進みも悪いでしょうね。

 

どうしてもできないならプルを極めるしかない

 

どうしても平泳ぎのキックがうまくいかないというのであれば、プルを極めるしかありません。

 

もっとも、平泳ぎで進まない・・・と悩んでいる人がプルで進むようになるかというと微妙なのですが・・・。

 

 

少なくとも、ちゃんとしたプル技術を身につけることができれば今よりは早く泳げるようになるはずですから、キックは推進力の邪魔にならない程度に小さく抑えてしまうのも一つの方法です。

 

選手レベルだって、より進むためにキックを小さくするアプローチをよくやりますから。

競泳用トレーニングプログラム人気ランキング



森隆弘による競泳スピードアッププログラム
主にマスターズスイマーを対象としたトレーニングDVDです。

・次の大会で即ベストが出るようになります
・専門外の種目でも自信を持ってエントリーできます
・レース前に招集所で緊張することがなくなります
・今日はどんな練習をしようかと悩むことがなくなります
・故障の回復をしながら速くなるためのトレーニングができます
・キックやプルなど苦手だった練習が平気になります
・コーチに聞けなかった疑問が解消されます
・映像を見ながら学べるのでテクニックを自分の泳ぎに取り入れやすくなります
本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル〜筋トレの本質が分かる〜
・筋力アップによって泳速度を向上させたい方に。
・ガリガリの状態から筋トレしてもなかなか増量できない方に。
・筋トレを基礎から学び直したい方に。

筋トレ初心者から中級者くらいを対象とした筋力トレーニングプログラムです。
本物のスロートレーニング
筋トレを1週間に1回だけで済ませ、かつ筋肉をしっかりつける方法。

・スイムトレーニングがメインで筋トレの時間が取れない方に。
・筋トレすると次の日眠くなって仕事に支障が出る方に。
・とにかくパワーアップしてタイムを縮めたい方に。