速くなるための競泳水着とテクニック

速くなるための競泳水着とテクニック

競泳水着を通販で購入するためのガイドをしています。
各社の最新水着レビューから、タイムを出すための選択、水泳に関するコラムなどを掲載中。

 

 

マスターズスイマー向け!

 

平泳ぎ(ブレスト)で速くなるために

 

  • 平泳ぎのコツは?
  •  

    フリー・バック・バッタは普通に泳げるんだけれどもブレストだけ全然できない、なんていうマスターズスイマーは非常に多いです。

     

    昔は選手コースでも平泳ぎがダメで個人メドレーでは使い物にならないっていう選手はたくさんいたんですけど、最近はそういった選手は少なくなってきています。

     

    しかし、マスターズだと相変わらず平泳ぎができない・・・と悩んでいる人がたくさんいるんですよね。大抵の場合にはスイミングスクールで個人レッスンを受けたりしていても全然速くなりません・・・。

     

  • 平泳ぎのキックが進まないという人の原因
  •  

    マスターズでも若い選手でもこれは共通して言えることなんですけど、平泳ぎのキックが苦手な人っていうのはいつまでも下手で進まないということが多いんですよね。

     

    これは別に苦手意識がついてしまったとか、レースでは使わない種目だから努力を怠っているとかっていう話ではありません。

     

  • 初心者向けのコツ
  •  

    マスターズの平泳ぎ初心者にありがちなこととしては、このような項目が挙げられるでしょう。1つでも直すことができれば「平泳ぎで全然進まない!」という人でもそれなりに進むようになるはずです。

     

  • キックは挟んではいけない
  •  

    一昔前というか大昔の平泳ぎでは、両足で水を挟んで進むという考え方が一般的でした。

     

    ただし、今でも高齢のマスターズスイマーや平泳ぎが苦手な選手なんかはキックで水を挟んで進もうとしているんですね。

     

    実際は水を挟んで進む・・・というのは幻想で(何十年も前に実験で確認されています)、平泳ぎのキックは足で水を後ろに押して進むものなんです。

     

  • 息継ぎのタイミングについて
  •  

    マスターズスイマーの平泳ぎでよくありがちな間違いとして、『息継ぎのタイミングが早すぎる』ということがあります。

     

    しかも、息継ぎの開始タイミングが早すぎるにも関わらず入水するタイミングは普通だったりするので、プルが終わるまでの間はずっと顔が水面上に出てしまっているんですね。

競泳用トレーニングプログラム人気ランキング



森隆弘による競泳スピードアッププログラム
主にマスターズスイマーを対象としたトレーニングDVDです。

・次の大会で即ベストが出るようになります
・専門外の種目でも自信を持ってエントリーできます
・レース前に招集所で緊張することがなくなります
・今日はどんな練習をしようかと悩むことがなくなります
・故障の回復をしながら速くなるためのトレーニングができます
・キックやプルなど苦手だった練習が平気になります
・コーチに聞けなかった疑問が解消されます
・映像を見ながら学べるのでテクニックを自分の泳ぎに取り入れやすくなります
本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル〜筋トレの本質が分かる〜
・筋力アップによって泳速度を向上させたい方に。
・ガリガリの状態から筋トレしてもなかなか増量できない方に。
・筋トレを基礎から学び直したい方に。

筋トレ初心者から中級者くらいを対象とした筋力トレーニングプログラムです。
本物のスロートレーニング
筋トレを1週間に1回だけで済ませ、かつ筋肉をしっかりつける方法。

・スイムトレーニングがメインで筋トレの時間が取れない方に。
・筋トレすると次の日眠くなって仕事に支障が出る方に。
・とにかくパワーアップしてタイムを縮めたい方に。